2018-05-10


 VMware ESXiやvCSAはログをsyslogとして出力する機能がある。
 ESXiのlog必要性は低いのだが、bug発生時の解析用途で取得しておくに越したことはない。ところで、ESXiは標準状態だとverboseなlogが大量に出力されるためsyslogが大量に発生してしまった。1日GB単位で増加するので流石に修正が必要である。

 先ずはVMwareのkb2000088を参照してログレベルを変更した。これでhostdとvpxaのログは変更できるのだが、rhttpporxyのログが非常に大量に出力され続けている。
 VMwareの有償サポートでは「変更方法は提供しておりません」との回答であったが、非公式情報ではあるものの、rhhtpproxyとfdmの変更も可能である。

 筆者の環境ではrhttpproxyのログが大量に発生しているため、これを修正した。

/etc/vmware/rhttpproxy/config.xml

 の

 <level>warning</level>

 の様に出力するレベルを変更すれば良い。

0 コメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
憂鬱な凍死家です。こちらではmixiとは異なり固めの話題中心です。

Total Page View

Categories

Powered by Blogger.

Popular Posts

Blog Archive